ブライダルローンはアコムで借りれる?審査の難しさはどう?

ブライダルローンは結婚費用に限定した目的別ローンなので結婚に関する費用でしか使い道は許されていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや医療ローン、教育ローンなどと同じ種類のローンです。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行旅費、新居に関する礼金敷金・賃貸料、家具家電の購入などがあります。

カードローンなどのフリーローンと異なる点は使い道を証明する書類を必要になることです。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後には領収書や振込控えなどが必要になることもあります。

ローンを考えている人で、キャッシングを利用している人はまずは、キャッシングの借入残高の確認をする必要があります。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行でも無制限に貸してくれるというわけではなく、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンでは300万円まで借りられるのですが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合はというと、最大融資額は300万円なのですが、すでにアコムでローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

アコムでブライダルローンは結婚に限定して融資してくれるサービスでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますがブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

結婚に関する資金を無利息で借りたい場合は無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているので結婚式のご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息のブライダルローンというわけです。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングローンと言う意味では共通していますが両者には大きな違いがいくつもありますので注意が必要です。

アコムでブライダルローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンというローンは主に消費者金融業者が提供しているフリーローンです。

貸出金利も大幅に違っていて、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンは3.0%から18.0%と高金利に設定されています。

手続きや審査に関してはブライダルローンは審査が複雑で通りにくいのに対しカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

楽天銀行には目的型ローンでブライダルローンを提供しており楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円、返済額は月々1万円からOKです。

楽天銀行から融資を受ける際に気を付けることは楽天銀行の最大融資額は1人あたり500万円までという点です。

ブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

融資を受けた後は領収書等、ローンを正しい使途で使ったことを証明できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょう。

100万円程度の赤字になってしまうのがほとんどのようです。

仮に1人あたり3万円のご祝儀を用意してくれたとしても招待する人数が70人の場合はご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になります。

頑張って100人を招待できれば残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。

オリコが提供するブライダルプラン(ブライダルローン)は金利は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円です。

申込資格は満20歳以上で安定した収入がある人と規定されているだけなので返済期間は6か月から最長7年の期間がありオリコでの融資総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必須となります。

また、オリコからの借入れ総額に加え、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超えてしまう場合も前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンは結婚に関する費用にしか使えないという制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

新居を購入する場合大半のお方は住宅ローンを組むと思いますが頭金があれば金利が優遇されるなどメリットがあります。

一般的に住宅ローンの頭金は多いほど良いとされていて物件価格の2割から3割程度用意しておくのが良いと言われています。

例えば、2000万円の物件を購入する場合には、頭金は400万円から600万円ということですのでぱっと用意できる金額ではありませんね。

ブライダルローンで融資を受けたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利での資金調達が可能となるのです。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですがキャッシングローンには変わりがないので返済期間が長いほど利息は多くなります。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息が優先して返済されることになります。

そして範囲内に残った金額が元本に充てられます。

つまり、返済期間が長ければ長いほど利息の返済がかさみますので返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができます。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済することをお勧めします。

ご祝儀で返済しきれない場合は計画を立ててゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

ブライダルローンは結婚式のために借りる方が多いと思いますが金融機関からお金を借りることには変わりないので、アコムで事前にシミュレーションをすることが肝心です。

参考:ブライダルローンはアコムがおすすめ?【無利息で借りる条件?】

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからそこから毎月の返済額やボーナス払い、借入金利を含めて計算します。

借入金が300万円、ボーナス払いナシ、金利7%、毎月4万円という数字で計算してみたところ、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀の収入で返済をしようと計画していても結婚式は赤字になるのが普通なので、100万円くらいは赤字になる人が多いようです。

ご祝儀目をあてこんで100万円のローンを組めば良さそうと思うかもしれませんが必ずしも赤字が100万におさまるとは限りませんのでご祝儀を当てにするのは危険です。

ブライダルローンもカードローンも同じ金融商品となりますので審査に落ちてしまったらお金は借りられません。

ブライダルローンというものは、低金利で数百万ものお金を融資してくれるわけですからカードローンより審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴を紹介すると年収が200万円以下であったり、勤続年数が1年未満、非正規雇用などと言う場合が多いです。

又、過去に自己破産を経験していたり複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のように専門のローンもありますが一般的には多目的ローンや目的別ローンといった形で対応することが多いようです。

消費者金融が提供しているブライダルローンはというと、式場と提携しているケースが多く、指定の式場で式をあげることが融資の条件となっていたりします。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプのローンの場合、6.0%から15.9%と高めになっています。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。

その中イチオシなのがジャックスのプレシャンテです。

金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上、限度額は500万円と銀行よりも高額で、しかもクレジット対応なので口コミ評価は良いようです。

銀行のブライダルローンは目的別ローンとされていることが多くリフォームローンや医療ローンのように使途を限定したサービスになっています。

使い道を結婚に関係する資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のカードローンはというと目的別ローンではなく使い道が自由なフリーローンになります。

カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%前後と格段に低くなっています。

また、ブライダルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対し消費者金融からの借り入れの場合、初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低くおすすめなのですが、一般のカードローンと比較すると手間や時間がかかるってしまうというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは結婚に関連した使途以外には利用は認められません。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

結婚資金を貯めてから結婚を考えるという方も多いと思いますが、早く新婚生活をスタートさせたいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

結婚資金といえば、挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪、引き出物などこだわればこだわった分大金が必要になります。

それ以外にも新婚旅行や新居の入居費用、家具や家電製品などそれぞれに数十万円もの費用が必要になるでしょう。

ブライダルローンは結婚式に関する多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントになるのは、借主に返済能力があるかということで本人確認書類の他に源泉徴収票や収入証明書類なども必要になります。

基本的にブライダルローンでは保証人は必要ありませんが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。