AGA(男性型脱毛症)対策で発毛は期待できる?

男性ホルモンは頭皮毛根で5α-リダクターゼの作用を受けて「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変化します。

この「DHT」は、髪の毛の成長期を短くするという作用があるのです。

成長期が短くなった髪の毛は、本来のレベルまで太く長く成長する前に成長期を終えて抜けてしまいます。

このプロペシアは、男性ホルモンをDHTに変化させる5α-リダクターゼの働きを阻害します。

よって、男性ホルモンは存在していてもDHTに変わらないため男性脱毛症が起きないという仕組みなのです。

AGA治療に効果が高い薬品には内服薬のプロペシアやミノキシジルが配合された塗り薬があります。

プロペシアをもらうためには病院で処方箋を受けとらなければ手に入れることはできません。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも配合されている成分なので医師の診断が無くても買う事ができます。

ミノキシジルにはミノタブと呼ばれる飲み薬もありますが国内でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬はインターネットで買う事ができますが品質や安全面を考えると決してお勧めすることはできません。

AGA治療に有効なプロペシアは処方箋がなければ買うことができません。

医薬品なのでドラッグストアで販売されておらず保険適用外なので高価なことが難点でした。

近年、プロペシアにもジェネリック医薬品が登場し従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品はドイツやイギリスなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使って作られる薬の事です。

先発医薬品で成分の有効性は実証されていますから通常20~25年程度かかる開発期間が3年程度に短縮できるメリットがあります。

AGAとは具体的にどのようなものかご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる頭髪が薄くなる症状のことです。

薄毛や脱毛といったものは昔から男性のテーマだったようでこれまでに数多くの育毛剤が生み出されてきました。

近年、やっと医療機関で治療を受けられるようになりましたが医療費は保険が使えない自己負担診療になります。

とはいえ、医師がAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも薄毛の症状が改善する確率は大幅にアップしました。

しかし、残念ながらAGA治療とは対処療法なので、投薬治療を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療で有効とされるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛といった副作用を起こす可能性があります。

薄毛を直したくて治療しているのに毛が抜けるというのは怪しい薬なんじゃないかと不安になってしまいますね。

しかし、初期脱毛が発症したということは効いている証拠ですので心配する必要は全くありません。

初期脱毛で抜け落ちる毛は細く弱い髪の毛なのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくる準備が進んでいるということです。

初期脱毛は治療を開始してから1、2ヶ月期間と発症すると言われミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

AGA治療に励んでいる皆さんは毎日の食生活にも気を付ける必要があります。

仕事が忙しいからとファストフードやコンビニ弁当が主食になっているようでは脂質を摂り過ぎてしまったり塩分過多による血行不良の恐れも。

日常から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂りことを意識し亜鉛も摂取し抜け毛や白髪を予防しましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品などに亜鉛はレバーに多く含まれています。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGA治療というものは保険適用外なので費用は100%自己負担になります。

日本でAGA治療が開始された時は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用がかかりました。

又、保険が適用されない医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いなので価格は販売店に任されています。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品であっても価格差があり販売店によっては数千円の価格差も生じるのです。

更に処方箋をもらうためには診察を受けなければならないので薬代以外にも再診料や診察料が都度発生することを忘れないでください。

AGAのコマーシャルに出ていた最初の芸能人は爆問のお二人でした。

コマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

AGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療を行っていると言っている芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんや歌手の方も育毛剤のCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出すハードルはかなり低くなりました。

最近では薄毛に困ってなさそうな芸能人がCMに起用されているので違和感がありますが薄毛の人が起用されると、全然治療の成果がでてないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

参考:【AGA遺伝子検査の結果がキターー!!】その内容はいかに?

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長が短くなってしまうことにより発症してします。

AGAを発症してしまうと髪の毛が十分に成長する前に脱毛してしまうので髪質が細くなったり短い髪の毛ばかりが残って薄毛が目立っていきます。

AGA治療にはプロペシアという内服薬を使いDHTの生成を抑えることで薄毛改善を目指します。

その他にはミノキシジルを含んだ外用薬を用いて頭皮の血行を促進し活性化させるといった治療法もあります。

治療を併用することも可能ですが健康保険の適用外なので結構コストがかかってしまいます。

インターネットでAGA治療について検索すると画像付きで経過報告をしているブログなどを見つけることができます。

ほとんどの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れてくるみたいで定期的に写真を公開してくれているので育毛具合がよくわかります。

中にはヤラセや都市伝説みたいなサイトもありますが経過だけでなく、費用や薬を紹介してくれているサイトもあるので非常に参考になります。

AGAの治療を開始すると初期脱毛が起こったりするので体験談が記載されていると、これから自分の身に降りかかるかもしれないことなので心強いですね。

AGAに関するサイトは、閲覧者数が多いようでそれだけ薄毛にお悩みの男性が多いという事なのでしょう。

AGA治療に興味があるけど何科で診てくれるのか分からないという人もいますよね。

AGA治療は基本的に投薬治療なので内科か皮膚科であればプロペシアを処方してもらえるでしょう。

しかし、クリニックによってはプロペシアの処方を行っていないところもあるようですので受診の前に確認したほうが良いと思います。

又、一般病院のお医者さんはAGA治療が専門ではないのでAGA専門のクリニックを受診した方が確実です。

中には、調剤薬局で買うよりずっと安い価格で薬をで処方してくれるところもありますしメソセラピー治療も受けられたりもするので、専門クリニックの受診がお勧めです。

AGA治療は保険適用はありませんので医療費は100%自腹になります。

プロペシアは医師の処方箋が必要な医薬品なので診察料は1回、3000円ほどかかることになります。

更に万有製薬の公表価格ではプロペシアが1錠250円ですから薬だけで1ヶ月7 500円かかりますので、合計で1ヶ月1万円以上の費用がかかります。

ミノキシジルは育毛剤にも使われる医薬部外品なので購入の際に処方箋を提出する必要はありません。

ミノキシジルを5%配合している市販の育毛剤にはリアップX5がありますがプロペシアと同額の7000円以上の費用がかかります。

安くAGA治療を行うのなら育毛剤を使うのが良いと思います。

ミノキシジルが配合された塗り薬なら薬剤師がいるドラッグストアで買う事ができます。

内服用ミノキシジルも個人輸入なら入手が可能ですが信頼性に欠けるので、やめた方が良いと思います。

頭皮の血行を改善して細胞活動を活性化させることがミノキシジルの薬効なので保険適用薬で同様の薬効があれば代用することも可能です。

ぬるめのお風呂に浸かりリラックスすることや脂ものを控えてヘルシーな食生活を送ることもAGA治療には有効です。

AGAというものは遺伝で発症するため個人の体質が肝となるのは間違いありません。

AGA治療というのは対症療法にすぎませんのでAGAが完治するというものではないのです。

ですから、AGA治療を止めてしまうと再び脱毛などが発症して、次第に進行していくことになります。

とはいえ、AGA治療薬も医薬品のため副作用の可能性は否定できませんので一生使い続けるのも心配があります。

ですから、一定のところまで薄毛が改善したと判断できたらAGA治療を途中でやめるのも良い方法だと思います。

AGAは遺伝の影響を強く受けるので完全に治るものではありません。

AGAを発症するか否かは個人の体質によって決まる為遺伝子を操作しない限り、AGAは一生モノなのです。

従って、AGA治療を中断すると残念ながら、抜毛や薄毛は再開します。

しかしながら、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルは医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのはいかがなものかと思います。

飲み薬であるプロペシアは男性ホルモンを抑える薬ですから結婚などのタイミングがやめどきかもしれません。

AGAは成人した男性に現れる脱毛症で女性は発症しません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあると言われていますので治療薬には男性ホルモンを抑制する薬が使われます。

AGAの治療薬にはプロペシアが使われますが、この薬品はDHTの生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAの脱毛部分にはDHTが高濃度に存在しておりこの成分がヘアサイクルの成長期を妨げている原因だと考えられます。

成長期が短いということは髪が十分に成長する前に抜けてしまうということなので髪の毛全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。