ペットのトリミングについて『ブラッシング 編』

ブラッシングは、トリミングの基本中の基本と言えます。ペットを飼っている家庭では是非とも行ってあげると良いですね。(笑顔)ペットの中でも犬のブラッシングについて紹介します。※長い毛の場合は、「ピンブラシ」や「コーム」があります。※短い研修の場合は、「ブラシ」、「ラバーブラシ」などがあります。また毛がもつれたり毛玉になったりしていることがあります。この場合は、それを解すためにもスリッカーブラシがあれば尚良いですね。(笑顔)ガシガシ毎日のようにブラッシングをするのではありませんよ。毎日やるなら優しいブラシを使ってくださいね。また、もつれた毛、毛玉を解す場合、ゆっくり優しく一カ所ずつ解すようにしてくださいね。また、毛先が細いブラシの場合は、力を入れてブラッシングすると皮膚を傷つけてしまいます。ですから、注意してくださいね。また毛を解すだけでなくブラッシングにはマッサージ効果もあると言います。(笑顔)また、虫や病気のチェックもできるようになります。(笑顔) 一石二鳥ですよね。ノミなどの虫がいるのを発見することで様々な病気予防が期待できます。(笑顔)ですから、是非行うようにしてみてくださいね。(笑顔)トリミングではブラッシングをしてからシャンプー、カットと始まり、最後にブラッシングで終わります。(笑顔)大切な犬とのコミュニケーションとなります。ですから、是非とも毎日ブラッシングをしてあげてくださいね。(笑顔)