転職活動をはじめる前にエージェントに行くべき?

景気がいつまでも低迷しているために、転職をする人が増加しています。
求人率はいつまでも低いままで、転職活動が思うようにいかない人は多いようです。
退職して転職活動をスタートする時には一体何からはじめれば良いのでしょうか。
転職をすると決めたのはなぜなのか、今一度自分の中でじっくり検討してみることです。
転職先に必要な項目は何か、場所か、待遇か、職種かなどを明らかにしていきます。
簡単な転職スケジュールを立てて転職活動の見通しを立てることは必要です。
自分にできる仕事は何か、やりがいを強く感じた体験は何かなどを書き出して、新しい仕事への希望を明らかにしていきます。
どんな仕事をやりたいと思っているか自分の中でまとまったら、転職活動に必要な書類作成を行います。
履歴書や職務経歴書などです。
職務経歴書を作成するときには自分ができることをすべて書き出してみるのがおすすめです。
応募した書類は面接まで取っておくようにしましょう。
転職したい会社が見つかったら、チャンスを逃がさず応募をしましょう。
採用試験までには、会社に関してリサーチをしておきます。
どうして前の会社をやめることにしたのか聞かれることが多いため、回答を事前に用意しておくことです。
内定をもらったら今勤めている会社の退職手続きをします。
引き継ぎや取引先への退職のあいさつも必要になります。
開始から最後までの転職活動の基本的な流れを踏まえておくと、実行に移しやすくなるものです。